日本国憲法などについて

健康などについて勉強をしました。日本国憲法は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(第25条)とうたっています。

体力とは、憲法によって保障された「健康で文化的な生活」を実現するために、なくてはならない資産なのです。運動をすると、呼吸や心拍が速くなりますが、その運動を長期間にわたって繰り返していると呼吸や心拍が前ほど増加しなくなります。

このように、以前とは異なる新しい状態に身体を慣れさせる作用を適応性といいます。運動や環境に対する適応性を利用して、体力を高めようと努力することをトレーニングといいます。

適切なトレーニングによって行動力や抵抗力が高まれば行動は活発になり病気やけがになりにくく回復も早くなり、よい健康になります。

一般に体力は発育にともなって向上し、年をとるにつれて低下していきます。しかし、日常的にトレーニングをおこなうことによって、体力の低下をおさえることができます。フェミニーナウォッシュ レビュー