息子の絵本読んで攻撃に母、苦戦する

一歳になる息子は、私が学生時代から絵本好きで集めていたこともあり、胎児の頃から絵本の読み聞かせをして育てられています。

0歳からの読み聞かせは、心を育てるのにも、言葉を覚えるにも、そして母親とのスキンシップにもいいと言われていることもあり、空いた時間や気が向いたときに本棚からさっと本を取り出し読むことを習慣としてきました。

そんな習慣からか、息子はすっかり絵本好きに育っています。今では絵本を本棚から取り出し(ばら撒きと言った方が正しいかもしれません)、好きな絵本を選び、前方へ絵本を投げつつハイハイをして私のところまで読めと持ってくるようになりました。

私としても嬉しい成長なので、持ってきた本はしっかりと感情込めて読みます。息子はページをめくる担当です。さぁ、読み終わったと絵本を閉じると、もう一度と読み終わったばかりの絵本を私に押しつけてきます。

仕方なく、もう一度、(先ほどよりややトーンダウンしつつ)読みます。そして、読み終わるやいなや、また読めと同じ本を差し出し、本を持って私によじ登る始末。

それをくりかえすこと5回。ようやく満足したのかオモチャで遊びはじめますが、またしばらくしたら本棚から絵本を取り出し・・・ 絵本は繰り返して読むことが大事なのも分かっていますが、母は同じ本を何度も読むのに、だいぶ飽きてきたし、のどが痛いです。

せっかく図書館で借りてきた本は見向きもせず、私が選んだ絵本を読み始めると本を閉じて、バンバンと表紙を叩きます。これではないと。

今日も読み終わった絵本の山を見て、自分でよく頑張ったと思うのでした。ととのうみすとのレビュー