子どもたちの豆まき

今日は子どもたちの行っている保育園で豆まきがあったようです。朝は鬼きたらやっつけると意気込んでいた兄弟でしたが、鬼が怖かったらしく二人共泣いてやっつけようとしなかったようです。弟の方は保育士さんにやっつけないと逃げていかないよと言われ、必死に投げていたようですが、鬼がいなくなると「ぼくがやっつけた!」とお友達に得意気に話していたようです。その様子を想像したら可愛くて微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。兄の方は怖くて豆を投げれずお友達が投げるのを見ていたそうです。来年は投げれるようになったらいいねという話をしました。日々成長しているので来年の豆まきではまた違うのではないかなと楽しみにしています。明日は祖父母の家で恵方巻きを食べるのを楽しみにしています。明日は私が鬼になろうかとも考えています。そういうことを考えながらの日々とても楽しく充実しているな?とシミジミ感じます。主人は出張中なので今日の出来事を教えてあげたいです。末端冷え性におススメサプリメント