サーキットトレーニングについて

勉強をしました。合図におうじてすばやくダッシュする運動は、「動作開始のすばやさ」という調整力を高めるのに有効です。

合図におうじて走る方向をすばやく切りかえる練習は、「状況を判断する能力」や「動作の切りかえのすばやさ」という調整力を向上させます。

ボールを打ったり捕ったりする練習は「力やタイミングの正確性」、平均台運動や倒立や閉眼片足立ちなどは「バランス能力」という調整力を向上させるのに役立ちます。

青少年期には筋力、瞬発力、持久力などの体力要素を総合的に高めていくことが望まれます。その代表的なトレーニング方法がサーキットトレーニングです。

サーキットトレーニングは、多数の運動を組みあわせて休まず順番におこなうトレーニングで、組みあわせる運動をうまく選べば筋力、瞬発力、調整力、持久力などの体力を全面的に向上させることができます。

6~12種目の運動を選び、そのひとまとまりを1サーキットとします。それぞれの種目の反復回数は、30秒あるいは1分間繰り返せる最高反復回数の1/2とし、休息をとらずに3サーキット連続しておこないます。ニキビ跡を消すオールインワンジェルなら